「こんなに簡単なことで!?」色彩を支配する方法

f:id:yujiro-artist:20180119113052p:plain

 

 

 

こんにちは!

元・笑われるぐらい絵が下手だった男

ゆうじろうです

 

 

今回ご紹介する内容は

「絵具の効果的な扱い方」

です!

 

 

色彩のないデッサンと違い、着彩試験では「色彩」を上手く扱えるかが勝負の決め手になってきます

 

といっても色の扱い方は本当に人それぞれで、

残念ながらこれをすれば絶対に合格できるというやり方は存在しないのです

 

まあそんなにがっかりしないでください

 

 

裏を返せば、その分合格への方法は色々あるということです!

 

 

例えば

 

・溢れんばかりの強い彩度の色彩だけで表現する人

 

・かなりモノトーンに近い色味にポイントとして強い色を挿すことで魅せる人

 

・ハイキー(明度の高い色調)、ローキー(明度の低い色調)で魅せる人

 

などやり方は様々です

 

 

大切なことは、

できるだけ早い段階で自分の持ち味を見つけ、それを最大限生かす戦略を立てることです

 

それについての細かい内容は別の記事で触れようと思います

 

 

 

それでは今回のメインテーマの

「絵具の効果的な扱い方」

について解説していきたいと思います!

 

 

どんな風に色彩を扱うにしろ、ほぼ共通してくるテーマになっていますのでしっかりご覧ください

 

 

さて、絵具についてですが

 多くの受験生はチューブ絵具の色数を増やせば増やすほどいいと考えがちですが

 

 

実はこれ、大きな誤解です!

 

確かに手元にたくさんの色の絵具があればあるほど安心できる気持ちはよーくわかります

 

しかし、色数を増やせば増やすほど、あなたの絵は調和の乱れた、不愉快な絵になるのです!

 

 

 

どういうことか具体的に説明します

 

例えば「青」という色でも絵具は無数に存在します

 

例)ウルトラマリン、コバルトブルー、フタロブルー、プルシャンブル―、インジゴ、ターコイズブルー、セルリアンブルー、スカイブルー・・・

 

 これらを全て使っても、かえって色味が多すぎて、絵自体がばらばらな印象になるのです

 

 

しかし、色数を絞っていればそういった不都合を回避できます

 

これはルネサンス期から現在に至るまで行われている手法です

 

 

今回は特別に私が普段使う油絵具を紹介したいと思います

 これは研究に研究を重ねたものなので、ぜひ参考にしてみてください

 

チタニウムホワイト

ジンクホワイト

アイボリーブラック

カドミウムイエローディープ

イエローオーカー

カドミウムレッド

ウルトラマリンディープ

ターコイズブルー

フタログリーン

コバルトバイオレットディープ

ローアンバー

 以上です

 

実際にパレットに並べてみるとこの色数がどれだけ少ないかがよくわかるはずです

 

 

色数を絞る利点はもう一つあります

 

絵画において重要なのはいかに実際の色味を再現できるかではありません

画面の中で調和のとれた色を使うことが重要なのです

 

そのため、色数をあえて少なくすることで、混乱することなく描き切ることができるのです

 

あなたにはあなたの使い慣れた絵具があるでしょうから、

上に書いた僕のカラーパレットを真似しろとは言いませんが、

 

あなたもまずは自分の使っている絵具をもう一度見返し、そこにある絵具が本当に必要なのか考えたうえで、

 

次の一枚は思い切って色数を絞って描いてみましょう

 

それだけで絵具の扱いが本当に楽になり、より効果的に色を使うことができますよ!

 

 

 

今回はかなり専門的な話をしました

 

焦らなくて大丈夫なので

 

とりあえずまずは自分の使う絵具を見返してみましょう

 

それだけで周りの受験生より大きく先へ行くことができます!

 

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました!

ゆうじろうでした。

  

f:id:yujiro-artist:20180119104350j:plain