多くの受験生が知らない本当の楕円の描き方

 

 

ゆうじろうです。

 

 

今回は非常に重要な内容です。

 

 

 

 

ここでは多くの受験生が失敗しがちな

 

「楕円」

 

についてお話ししていきます。

 

 

 

 

「なんだ、楕円の描き方ぐらい知っているよ・・・」

 

と思ったそこのあなた!

 

 

 

 

楕円の構造、理解できているようでいて、

 

実はなかなか難しい部分です。

 

 

 

 

今回の記事を読んでいただくと・・・

 

 

あなたは、楕円の本当の描き方を知り、

 

それによってあなたのデッサンに大きな説得力が生まれます。

 

 

楕円は形を正確に描くために絶対に外せない要素です。

 

 

 

ここをしっかりとマスターしておけば、

 

あなたが志望校に合格できる可能性もお幅にアップします!

 

 

 

 

想像してください。

 

 

3月、格通知を受け取る喜びを。

 

ご両親や家族の安心した顔を。

 

 

あなた自身も、やっと辛くて長かった受験戦争から解放され、

 

真の自由を手に入れます。

 

 

手に入れるものはそれだけではありません。

 

 

 

 

あなたは志望校に合格することで、

 

他の多くの受験生が手に入れることのできなかった、

 

大きな未来への可能性を手に入れることができるのです。

 

 

 

アーティストとしての華々しい道。

 

一流デザイナーとしての、おしゃれで晴れ晴れしい毎日。

 

教師になるという道もありますし、

 

僕のように海外に挑戦するという夢を持つこともできます。

 

 

 

それは不合格になった人が手に入れたくても手に入れることのできなかった

 

素晴らしい大きな可能性です。

 

 

 

あなたは志望校に合格することで、

 

大きな優越感とともに、

 

大きな未来への可能性とチャンスを手に入れることができるのです!

 

 

 

 

 

 

しかし・・・

 

もしこの記事を読まなければどうなるか?

 

 

 

楕円の構造はデッサンの基本中の基本ですが、多くの受験生が躓く部分です。

 

 

ここがあやふやな状態でデッサンをしても、

 

自分では描けたつもりでも、

 

見る人が見れば、その形の狂いは一目瞭然。

 

 

 

楕円の形が取れなければ、

 

受験ではそもそも勝負になりません。

 

 

 

形の狂いがあるデッサンを描けば、

 

間違いなく一発で不合格になります。

 

 

 

楕円は特に狂いが分かりやすい部分ですので、

 

そこで落とされる可能性は大いにあります。

 

 

 

 

想像してください。

 

 

合格発表の日、あなたの受験番号がない悲しみを。

 

 

両親や家族に

 

「どうだった?」

 

と聞かれ、

 

「だめだった」

 

という時の、表しようもない悲しみを。

 

 

 

あなたが不合格になり、悲しみ屈辱を感じている横で、

 

あなたの友達が合格してしまう悔しさを。

 

 

 

友達は

 

「元気出しなよ」

 

と言ってくれるかもしれませんが、

 

腹の底ではあなたのことを笑っているかもしれません。

 

 

 

 

志望校に不合格になったら、

 

あなたはもう一年辛い受験戦争の中に身を置くか、

 

 

行きたくもなかった第二志望の大学に、

 

高い学費を払いながら行かなければならないのです。

 

 

 

 

 

そうなった場合、その先にあるのは

 

そう明るい未来ではありません。

 

 

 

三流の私立美大や、名も無い専門学校を出ても、

 

残念ながら社会では相手にされません。

 

 

 

就職するとなっても、採用されるのは当然、難関芸大・美大の卒業生からで、

 

三流美大の卒業生に回ってくるのは、

 

大学を出なくてもできるような、美術に関係のない仕事がほとんどです。

 

 

 

そうなった場合、

 

あなたは安い年収の仕事をしながら、

 

多額の「奨学金」という名の借金を、人生をかけて返して行かなければならないのです。

 

 

 

あなたは一生、

 

「あの時、もっといい大学に行っていれば・・・」

 

と、強烈な後悔を感じながら、

 

陽の当たらない人生を行きていなかければならないのです。

 

 

 

 

そんなの絶対に嫌ですよね?

 

 

僕も、あなたにそうなってほしくないから、このブログを書いています。

 

 

 

 

今回のポイントを押さえて、

 

あなたの志望校合格の可能性を一気に高めましょう!!

 

 

 

それでは今回の楕円の描き方を詳しく解説して行きましょう!

 

 

 

 

一番大切なのは、

 

 

本当の楕円の構造パターンを知ること

 

 

 

です。

 

 

詳しく解説しましょう。

 

 

 

実は楕円が登場するモチーフは

かなり多いのです。

 

 

 

ワインボトル、アルミ缶、

トイレットペーパー等…

 

 

 


デッサンのほとんどのモチーフで円柱が1つ以上ふくまれています。


 

 

円柱には大きく2つのポイントがあります。

 

 

 

1.楕円の描き方

 

2.筒としての遠近法

 

 

 

まず

 

「楕円の描き方」

 

についてです。

 

 

 

円の柱と書いて円柱ですが、

 

円柱は真上から見ないと円になりませんよね?

 

 

 

斜め上から見ると楕円になります。

 

 

 

この楕円の書き方にポイントがあります。

 

 

 

描きの手順としては

 

 

 

①まず楕円の直径となる横の線を

   鉛筆で描く。

 

 

 

②その直径の中点に垂直な

    円の奥行きとなる部分の縦の線を

    鉛筆で描く。

 

 

 

③縦の線は若干手前が長く

   奥が短くしてください。

 

 

(これが非常に重要です。これが遠近感の演出となります)

 

 

 

 

 

 

④その頂点を滑らかな楕円にするように

    繋いでいきます。

 

 

こうすると、非常に美しい楕円が描けます。

 

 

 

多くの人は、楕円の縦線の、

 

手前側を長くする作業を忘れていますが

 

ここを少し意識するだけで、かなり説得力のある絵になります。

 

 

 

ただし、ここをあまり強調するとかなりわざとらしくなりますので、

 

ほんの少しで十分です。

 

 

 

 

また、

 

まだデッサンに慣れていない人は、よく楕円の先端を尖らせてしまいますが、

 

どんな楕円でも、現実にはそんなことはありえません。

 

 

 

円は、どの角度から見ても、先が尖ることはありません。

 

 

 

また、上下左右でカーブの角度が対称である必要がありますので、

 

こういう時は、

 

 

デッサンを逆さまにして、3メートルほど離れて見て、形の狂いを確認すると、

 

一発で形の狂いが明確になります。

 

 

 

これを心がけるだけで、

 

あなたのデッサンは格段に良くなりますよ。

 

 

 

それでは今日の宿題です。

 

 

今すぐ、あなたの周りにある楕円を3つ見つけてください。

 

 

 

 

それではここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

ゆうじろう

 

 

 

f:id:yujiro-artist:20180119104350j:plain

 

 

 

【プロフィール】

 

名前:ゆうじろう

 

現在、国公立の芸大に通いながら日々制作に明け暮れている。

 

高3まで同級生から笑われるぐらい絵が下手だったにも関わらず、

親友から教わったある方法を使ったことで、3ヶ月後には大規模公募展で準大賞を取り、美術予備校に1度も通わず、第一志望の難関芸大に現役合格を果たす。

 

現在も公募展で入選・入賞を重ね、わかりやすい実績ではMoMAニューヨーク近代美術館)でのアートフェアへの参加などがある。

 

現在、当時の自分のように芸大・美大受験で苦しむ人の助けになるべく、

親友から教わった特別な方法をブログ、YouTube、メルマガを中心に伝授し続けており、教え子たちもぐんぐん絵の技術を向上させている。

 

【詳しいプロフィール動画はこちら】