受験当日、これだけ押さえておけば無事に終わります。


ゆうじろうです。

 

今回は、いずれ「受験当日」を迎えるあなたのために記事を書きます。

 

f:id:yujiro-artist:20180225190128j:plain

 

受験直前期からだと、

 

「技術を高める」

 

というより、

 

「積み重ねてきたことを信じて、最大限の力を出し切る」

 

ことの方が重要になってきます。

 

 


当日は特にそうですね。

 

会場にはたくさんの受験生がいますから、

他の受験生の作品が気になってしまうと思います。

 

ですが、それに流されるのは本当によくありません。

 

無意識のうちに、人の作風に引っ張られてしまうものです。

 

しかし受験は人真似では勝てません。

当然オリジナルの方がいいに決まっているからです。

 


ですので、自分が今までやってきたことを、
当日もその通りにやればいいわけです。

 

結果は後から付いてくるものなので、
焦ってもいいことはありません。

 

今までの頑張りを信じて、できることをやってください。

 


ところで、国公立の芸大を受験する人の中には
遠方に飛行機で受験しに行く人もいるともいます。

 

f:id:yujiro-artist:20180225185625j:plain

 

念のため伝えておきますが、
油絵の具は手荷物としても預け荷物としても

積むことはできないので注意してください。

 

必ず事前にホテルに郵送することをお忘れなく。

 


稀に乗せることができたというケースがありますが、
本来は違反ですので気をつけてくださいね。

 

(水彩絵の具やアクリル絵の具なら大丈夫です)

 

 


それから、アクリルや水彩の絵の具を使う人は、
できるだけ大きなバケツを持って行くことをオススメします。

 

f:id:yujiro-artist:20180225185816j:plain

 

小さいバケツだと、すぐに絵の具で水が汚れて、
頻繁に交換する必要があるからです。

 

少ない時間で書く必要があると思うので、
できるだけ大きなバケツを使って時間のロスを防いでください。

 


僕も実は遠方に受験しに行ったので、
前日に100均で大きなバケツを買いました。

 

バケツは100均に売っているので、それで十分です。

 

 


最後に、


試験当日は周りが気になると思いますが、
周りを気にしても焦るだけなので、自分のことに集中してください。

 

中には緊張感のない受験生がいるかもしれませんが、
気にせずに集中して頑張って欲しいと思います。

 

 

それでは以上のことに気をつけて、

受験当日は頑張って来てくださいね!!

 

 

ゆうじろう

 

 

f:id:yujiro-artist:20180119104350j:plain

 

 

【プロフィール】

 

名前:ゆうじろう

 

現在、国公立の芸大に通いながら日々制作に明け暮れている。

 

高3まで同級生から笑われるぐらい絵が下手だったにも関わらず、

親友から教わったある方法を使ったことで、3ヶ月後には大規模公募展で準大賞を取り、美術予備校に1度も通わず、第一志望の難関芸大に現役合格を果たす。

 

現在も公募展で入選・入賞を重ね、わかりやすい実績ではMoMAニューヨーク近代美術館)でのアートフェアへの参加などがある。

 

現在、当時の自分のように芸大・美大受験で苦しむ人の助けになるべく、

親友から教わった特別な方法をブログ、YouTube、メルマガを中心に伝授し続けており、教え子たちもぐんぐん絵の技術を向上させている。

 

【詳しいプロフィール動画はこちら】