最高の結果を得るための判断基準とは?

 

ゆうじろうです。

 

2018年2月25日現在。

いきなりですが僕は明日から10日ほど香港に行くことになりました。

 

f:id:yujiro-artist:20180225200045j:plain

 

3月は四国へ美術館巡りの旅。

4月に東京で人生2回目の個展。

5月に地元で教育実習。

8月にはアートフェアに参加しているニューヨークへ。

 

 

おかげで僕の財布はすっからかんです。

 

まあそれはいいんですが・・・。

 

 

今回の香港訪問は、

県が主催している海外研修事業に参加するためです。

 

正直、4月に個展をやるための制作で死ぬほど忙しいのですが、

それでも行くことにしました。

 

 

理由は、

 

・できるだけ視野を広げたいから

・この機会を逃せば香港に行く機会もないから

・中国の伝統的な絵画と現代アートを直に感じたいから

 

など色々ありますが、一番強い理由は、

 

行動するかしないかで天秤にかけた時に、
行動しないという選択をするのが嫌だったから。

 

というのがあります。

 


もちろん何でもかんでも行動すればいいというわけではないです。

 

それによって忙しくなることで、

他のことに手が回らなくなる可能性もありますから。

 


でも行動してみるというのはとにかく大切です。


覚えておいてほしいのですが、

世の中の多くの人は最終的には行動しません。

 

お金がないとか、時間がないとか、タイミングが悪いと言って行動しません。

 


確かにそれはそうなのかもしれませんが、

行動することによってしか得られないことも多くあると思います。

 


今回の話で僕が言いたいのは、

行動するかしないかで迷った時はできるだけ行動するべきだ

ということです。

 


名前は忘れましたが、

ある一流デザイナーがこんなことを言っていました。

 

f:id:yujiro-artist:20180225200854j:plain

 

「やるかやらないかを決めることに時間をかけるよりも、

判断はすぐにして、そのあとにどうして行くかを考えたほうがいい」


これは本当にそうだな〜と感じました。

 


やる!と決めたら徹底的にやり抜く。

やらない!と決めたらそれはそれでおっけーです。

 


これは受験に限らず、人生の色々な局面で当てはまることだと思います。

 


人間、直感で決めた判断したことは、

ゆっくり考えた場合でもほとんど変わらないと言います。

 

ですので、

何か判断する時は即断即決がいいですよ。

 

 

というわけで、香港もしっかり楽しんできます!

 

香港の美術がどんなものなのかを見るのが楽しみです。


中国の水墨画や中国の現代アート

どちらも非常に興味があるのでいい旅になりそうです。

 

 

それでは今日もブログを読んでくださってありがとうございました!

 

f:id:yujiro-artist:20180119104350j:plain

 

 

【プロフィール】

 

名前:ゆうじろう

 

現在、国公立の芸大に通いながら日々制作に明け暮れている。

 

高3まで同級生から笑われるぐらい絵が下手だったにも関わらず、

親友から教わったある方法を使ったことで、3ヶ月後には大規模公募展で準大賞を取り、美術予備校に1度も通わず、第一志望の難関芸大に現役合格を果たす。

 

現在も公募展で入選・入賞を重ね、わかりやすい実績ではMoMAニューヨーク近代美術館)でのアートフェアへの参加などがある。

 

現在、当時の自分のように芸大・美大受験で苦しむ人の助けになるべく、

親友から教わった特別な方法をブログ、YouTube、メルマガを中心に伝授し続けており、教え子たちもぐんぐん絵の技術を向上させている。

 

【詳しいプロフィール動画はこちら】